* MAIN MENU *
ホテルの概要
ホテルの類型
ホテルの歴史
ホテルへの宿泊
旅館との相違
おすすめホテル

ホテルの概要

ホテルとは、欧米で生成し国際的に普及した高級宿泊施設のことである。
基本的に宿泊施設は、旅行者に飲食と睡眠、さらに生命・財産の保護にかかわるサービスを提供する。
人が旅行などの長距離移動をするために欠かせない施設である。
旅行の歴史は古く、したがって宿泊施設の歴史も古い。
最初は野宿であったが、野宿は不便で危険なため、やがて民家に泊めてもらう民泊が行われるようになった。
交通路が整備され旅行が盛んになると、料金を受けて旅行者を宿泊させる宿泊業が生まれたのである。
初期の宿泊施設は最低限の機能を持つ施設だったが、しだいに施設とサービスが充実していった。
ホテルの中には、特権階級や富裕階級を対象に、質の高い施設とサービスを提供するものもある。
大型のホテルでは結婚式場やプールなどの設備を備えている。
目的に応じて、シティホテル、ビジネスホテル、観光ホテル、リゾートホテルなどの様々な形態がある。
歴史的に、植民地には植民地ホテルが作られ、準公的施設として利用された。
ホテルの機能や価格帯によって、5段階や6段階に星数などで分類することも一般的である。
ホテルに様々な形態があるが、分類に関して明確な基準があるわけではなく、あいまいなものとなっている。

Copyright(C)2008 ホテルの概要 All Rights Reserved.
Template design by Nikukyu-Punch